分かっているようで分かっていないプロテイン。3つの種類を目的毎に使い分けよう!

分かっているようで分かっていないプロテイン。3つの種類を目的毎に使い分けよう!

筋トレを初めて行う方にとってプロテイン選びは一苦労です。実際にとのプロテインを選べば良いのか、種類が多くてさっぱり分からないという方も多いです。そこで今回はプロテインの中でオススメの種類を紹介していきます。初めてプロテインを購入されるという方は是非参考にしてみてください。

再確認!プロテインの種類

一口にプロテインと言ってもプロテインにはいくつか種類があります。プロテインを大きく分けると以下の3つの種類に分類されます。

・ホエイプロテイン
・カゼインプロテイン
・ソイプロテイン

この3つの特徴について見ていきます。

ホエイプロテインはプロテインの王様!

まずホエイプロテインですが、ホエイプロテインはプロテインの王様と言われています。主に牛乳に含まれる乳清と呼ばれるものから作られており、非常に素早く消化吸収が行われること、たんぱく質の量がプロテインの中では一番多いことがあげられます。

ちなみに乳清とはヨーグルトなどを置いておくと出てくる上の液のことです。この部分は非常に高たんぱく、低脂質なのですが牛乳にもこの成分が含まれています。これを更に濃縮させたものがホエイプロテインです。

また、値段もプロテインの中では比較的安価なものが多く初めてプロテインを飲む方にはホエイプロテインがオススメです。ただし、ホエイプロテインには製法によっていくつか種類があり若干特徴が異なるので注意が必要です。

WPC製法

ホエイプロテインの中でWPC製法と言われているタイプのものがあります。これはホエイプロテインの中で最もオーソドックスなタイプのプロテインと考えて頂ければよいでしょう。

ちなみにWPCとは「Whey Protein Concenrtate」の略で「濃縮乳清たんぱく質」という意味です。WPCは作る際に乳清を特殊な方法でろ過していきその成分を濃縮していきます。ろ過する過程でたんぱく質は濃縮しつつカルシウムやビタミンなどの成分は残してくれているという特徴があります。

WPI製法

WPI製法はWPC製法のものに更に特殊な膜処理を行いよりたんぱく質の純度を高めたものです。WPI製法になるとカルシウムやビタミンもろ過して取り除いてしまいますが、同時に乳糖と呼ばれる成分も取り除いてくれます。

乳糖とは牛乳にも含まれているのですが、日本人には乳糖を摂るとお腹を下してしまう方が比較的大勢いらっしゃいます。もし、牛乳を飲んでお腹を下してしまうという方は乳糖が原因の可能性があるので
WPI製法のプロテインがオススメです。
ただし、WPIはWPCに比べて製造に手間がかかる影響で若干割高です。

その他の製法

初心者の方は牛乳が特に大丈夫であればWPC製法のプロテイン、牛乳でお腹を下したりWPCが合わないと感じる方はWPIをとりあえず選択すれば問題は無いと思います。
とはいえ、ホエイプロテインには他にもいくつか種類があるので簡単にご紹介させて頂きます。

■CFM製法

CFM製法はWPCとWPIの中間と考えて頂ければ大丈夫です。WPCよりも乳糖の量が少なく、WPIよりもカルシウムやビタミンの量が多くなっています。

■WPH製法

WPH製法は最もたんぱく質含有量が多く吸収速度も最も早いです。しかし、高純度のたんぱく質を実現するために製法に手間がかかっているため、コストも最も高いです。

カゼインプロテインは持続的なエネルギーを生み出す!

カゼインプロテインとは先ほどのホエイプロテインとカゼインプロテインが半分ずつ含まれているものです。
カゼインプロテインの特徴は長期間ゆっくりと栄養補給をしてくれることです。ホエイプロテインは一気に消化吸収を行うために持続力に欠けましたがカゼインプロテインは持続力があるので身体がエネルギー不足になり筋肉が分解されることを防いでくれます。

このため、夜寝る前や間食にプロテインを飲まれる方はホエイプロテインよりもカゼインプロテインがオススメです。また、ホエイプロテインが合わなかったという方もカゼインプロテインを飲んでみると効果が得られたという方もいらっしゃるようです。

ソイプロテインは美容・健康に効果的!

ホエイプロテインとカゼインプロテインが牛乳の乳清が原材料なのに対してソイプロテインは大豆由来のプロテインです。ソイプロテインはプロテインの中で唯一動物性ではなく植物性たんぱく質という特徴があります。

豆乳と言えばやはり美容・健康のイメージが強いですがソイプロテインも美容・健康面に効果があります。大豆に含まれるイソフラボンはアンチエイジングや美肌の効果が高いです。また、甲状腺と呼ばれる機能を高めてくれ代謝を上げてくれるので脂肪燃焼しやすい身体にしてくれます。
美容・健康志向が高い方はソイプロテインを飲んでみても良いかもしれません。

まとめ

以上がプロテインについての解説です。プロテインが初めてという方はまずはオーソドックスなホエイプロテインのWPCかWPIをオススメします。ただし、飲むタイミングが夜か間食という方はカゼインプロテインを選択してみるのも良いでしょう。

ちなみにプロテインも大切ですがもっと大切なものは食事です。一流のボディビルダーほど食事にはこだわっています。プロテインを選ぶことも大切ですがまずはあなたに合った食事習慣を身に付けその補助として効果的なプロテインを飲むようにしていきましょう。