体を鍛えて人生を激変しよう!モテる男の「カラダ」作りを伝授します。

体を鍛えて人生を激変しよう!モテる男の「カラダ」作りを伝授します。

人は「考える」ことを中心に行動しますが、思うようにいかないのが人生です。そして「どうしたらいいか」とまた考えて次の行動を模索します。人生が上手く行っていると思われる人でも、3歩進んで2歩下がるを繰り返して、結果的に1歩前進しているというのが現実ではないでしょうか。しかし、前に進んでいる人の共通点が実は体にあったのです!

体を鍛えると人生のメリットが増える

社会という大きな枠にいる私たちは、社会の一員として相互に影響しあい、複雑な関係に対応しながら成長し「目標」という羅針盤を立てて自分の人生を作っています。

日々目的を達成するために行う努力と行動が日常を作り、総じて「人生」と言えると思いますが、その日常は、なかなかどうして、思うように行かず、やる気を失くし落ち込んだり、ストレスを溜め込んだりと苦労が絶えないことも多いですね。

「人生は苦労の連続」とか「苦労は買ってでもしろ」という言葉が少なからず慰めになっているのではないでしょうか。
しかし、悪い事よりも良い事が増えれば、悪い事が気にならなくなるものです。

「まっいいか」とか「たまには失敗もあるさ」と楽天的に考えられるためには、体を鍛えることが近道のひとつ!簡単で自然に変われる方法です。

自分は「良い」と思えるようになる

人は落ち込んだときや失敗したときに「どうしてこうなるんだろう」とか「私って駄目な人間なのかな」と悲観的に考えてしまいがちです。
当たり前の精神状態ですが、問題はそれを好転させるエネルギーをどうやって作るか?ということ。美味しいものを食べて気分を変える、友だちや恋人に愚痴を聞いてもらいすっきりさせる、高価な買い物をして思考の矛先を変えるなどがありがちなところですね。

しかし、それらは問題を一旦横に置いただけ、問題提議の答えを出したことにはなりません。解決していない問題を再び考え始めると夜も眠れなくなるという経験があるでしょう。

ところが、ランニングをしたり、ジムに行ったりして汗を流し体を鍛えると、交感神経の緊張が和らぎ、自然と自分の気持ちをコントロールできるようになりますので、問題に向き合おうとする姿勢に変わります。

また、体を鍛えるという目的により、ランニングで走る距離やジムでの肉体的ストレスに挑んだ達成感が、強い精神力をも養いますので、悩みやトラブルに対しての適応力が高くなり、問題解決への糸口が見つけやすく、早い段階で対処すべき行動に移せるようになります。
弱音を吐かない自分を「良い」と素直に思えるようになり、自分の力を改めて実感することで、自分自身こそ頼りになる存在だと気づくでしょう。

仕事が早く、できる人になる

どんな仕事にも責任がつきものですし、少しでも高い評価を得ようと一生懸命努力します。よく、仕事が遅いとか要領が悪いと言われる場合がありますが、仕事が早く結果が出せる人との違いは、その人を見るとすぐにわかります。

概ね、仕事ができる人は、体格がガッチリしていて姿勢が良く、声もはっきり聞こえて歩くのが早いです。逆に仕事のできる評価が低めの人は、細身であるか、その逆の太めの体で、話す声も聞きとりにくく、姿勢はやや猫背で歩くのが遅い。

この違いは「体」です。つまり体を鍛えている人の体つきと、そうでない人の体つきの違いが仕事にも影響しているのです。なぜでしょうか?
体を鍛えている人は、当然、筋肉が作られてたくましい体つきになるのですが、それだけではなく、体を鍛えるにあたり目標とプロセスをしっかり考えて取り組んでいます。

その習慣が仕事をする上でも、計画的に組み立てて行動するようになり、効率よく時間を使い無駄が少ない行動が自然と身につくのです。だから仕事ができる人になるのです。

体を鍛えていない人は無意識に猫背になりやすく、そうすると肺を圧迫するので声が小さくなる傾向にあります。声が小さいと自分自身に対しても自信が持てなかったり、積極的な行動に出ることが苦手になります。
仕事ができないのではなく、自分を信じることに臆病なだけです。体を鍛えるだけで、自分に対して安心感のようなものが湧いてきますので、仕事への姿勢も変わり、仕事ができる人になりますよ。

筋肉は女性を刺激するシンボル

男性の筋肉は、女性にとって性的魅力を感じるシンボルです。筋肉の度合いにもよりますが、男性の筋肉に惹かれない女性はほとんどいないでしょう。

しかし、女性が刺激を受けるのは筋肉だけではありません。体を鍛えている男性の汗や臭いまでが脳裏によぎり、運動している姿そのものに惹かれるのです。

ですから、体が鍛えられていない男性には、性的魅力もなければ人としての興味もあまり持ちません。恋愛対象外になりやすいでしょう。女性にモテたいなら、体の一部分だけでも鍛えておくべきです。

さらに、体を鍛えている男性に、精神的にも頼りがいがあるイメージを持ち、母性本能までも刺激する温かみを感じるので、女性にとって筋肉はパートナー選びの重要なポイントにもなります。

食事メニューこそ体の資本!モテる体は食事で作られる

体を鍛えている人は、食事にも気をつけています。なぜなら、効率よく筋肉をつけるためには食事が重要になるだけでなく、運動の後の回復力や免疫力も考えて、栄養を摂る必要があるからです。

体を鍛えて筋肉を効率よくつけるためには、タンパク質を摂ることが大事ですが、過剰摂取になると脂肪になって太ってしまいますので、高たんぱく低脂肪である鶏肉、魚、卵などを摂取するといいでしょう。

また、筋肉だけでなく、毛髪、皮膚、血液もタンパク質でできています。体を鍛えるための食事メニューが、自然と健康的で若々しい体づくりにつながっているので、体を鍛えている人は外見的にも体質的にも、さらには審美的にも変わっていきます。

体を鍛えることで、栄養のある食事を摂るようになり、たくましい筋肉が作くられ、肌のハリや艶やかな髪まで若々しくなると改めて食事の大切さが実感できるでしょう。

魅力あるボディが人を引き寄せる理由

たくましく鍛えられた体は、誰の目にも止まり気持ちまで引き寄せられます。特に女性からすれば、ぜひお近づきになりたい相手です。第一印象もよく性格まで良い人に映ります。

単に筋肉があるというだけでなく、姿勢がよく全体のバランスも良い体の鍛え方が人を惹きつけます。そのためには、まずお腹周りや腰回りの胴体部分をしっかり鍛える必要があります。いわゆる「体幹」と呼ばれ、体の中心部分を鍛えて見た目にも美しいボディを作ります。

体の中心が鍛えられると、背筋が伸びて姿勢がよくなり、キレのあるきびきびした動作ができ、男性であっても見ていて美しいです。
また、体幹部分を鍛えることで基礎代謝が上がり、太りにくい体づくりにつながります。これは、健康面から考えても重要なことですから、美しさも含めて体幹部分の筋肉をしっかり鍛えましょう。

体を鍛えている人の肌がツルツルになる理由

男性であっても体を鍛えている人の肌はとても綺麗です。ツルツルしてハリがあり、女性も嫉妬するほどです。基礎代謝が上がると血流も良くなり、皮膚の新陳代謝を促し艶のある肌へと導きます。

それだけでなく、汗をかくことで老廃物の排出を促しツルツル肌になり、さらには運動することで成長ホルモンが分泌されるため、肌にハリをもたらします。
そんな男性の肌をみると、思わず触りたくなりますし、清潔感があってまさにモテモテの好印象です。皮膚だって体の一部です。体を鍛えれば、もれなく綺麗な肌が付いてくるということです。

最後に

体を鍛えることは、外見の肉体的な魅力や体の健康だけでなく、心の健康にも大きく影響しています。少しの汗をかくだけでストレスが発散できたというのも、心と体がつながっているからですね。

また、適度に体を鍛えるだけでも、生活習慣病の改善や予防にも役立っていますので、5km程度のランニングや長距離のサイクリング、自宅での腕立て伏せや腹筋、スクワットなど、無理なく続けられるやさしいメニューから始めましょう。

体を鍛える習慣が身についてきたら、さらにジムなどでマシンを使って胸、肩、背中などの筋肉作りに取り組み、短時間で鍛えるメニューにレベルを上げていきなしょう。高い目標を持つことでよりバランスのとれた体を鍛えることができます。

食事を改め栄養を摂り、太りにくい体を作り、たくましい筋肉を作り、綺麗な肌を作る。すべてが自身の価値となり、強い精神とともに人生にプラス思考で臨むことができるでしょう。